和紙粘着テープの一口メモ2

Home / 未分類 / 和紙粘着テープの一口メモ2

以前のブログでは和紙粘着テープについて、糊の粘着のタイプや切れ方の精度についてお話ししました。 本日は、テープの柔軟性をつくる方法についてお話させてください。

 

多くの皆さまは、インダストリアルクレイモデル上にてテープを使用する上で、ショルダーラインの確認作業やステンシルとしての使用の際に十分な柔軟性やテープのカットが簡単にできることを好まれます。

ほとんどの和紙粘着テープは薄く作られていますので、クレイモデル上で簡単にガイドの働きを担うことができるよう作られています。しかし、和紙粘着テープはご存知のように、和紙でできておりまして、ゆえに、曲線の内側はしわが寄ってしまうことになります。

 

しわの無い、より滑らかな曲線を和紙粘着テープで描くためには、、、

①和紙テープの用途の目的に応じて、和紙テープ類は生産の過程にて和紙を染めて作られます。

②テープの柔軟性や強度は、色の厚みや糊の粘着などの混ぜ具合で調整します。

③和紙粘着テープにさらに柔軟性をお求めのクリエーターの方のために、当社ではカービングテープを製造しています。これは柔軟性だけでなく正確なテープのカット面をあなたのお仕事の作業性の向上にご提供いたします。

 

さて、これらのちょっとした秘密と新しい商品が、お仕事のために役立ちますよう、そしてお楽しみいただけることを願っております。

どうぞ素晴らしい一日を!